MA-T®とは

Matching Transformation System®︎

MA-T®はMatching Transformation System®の略で、革新的な酸化制御技術です。
亜塩素酸イオンから必要な時に、必要な量の活性種(水性ラジカル)を生成させることで、新型コロナウイルスをはじめとするウイルスの不活化、種々の菌(細菌)の殺菌を可能にします。 さらに活性度を巧みに制御することで、高難度の化学反応を開拓すると共に、高分子の高機能化やデバイスへの応用、農薬・医薬品への応用など幅広い応用化の基礎となる基盤科学を推進しています。
SDGsにも大きな貢献が期待される技術です。