MA-T

Matching Transformation System

日本で生まれたMA-T(Matching Transformation System)は
新型コロナウィルス等の感染症対策をはじめ、
エネルギーやライフサイエンス、医療、創薬、素材開発などの
広範な応用が期待されています。

TOPICS

2021年
3月19日
「第7回ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)2021」において、アース製薬株式会社が【第1回STOP感染症大賞】グランプリ受賞
2021年
3月19日
ジャパンレジリエンスアワード(強靭化大賞)受賞者決定! グランプリは和歌山県、「STOP感染症大賞」グランプリはアース製薬
2021年
3月19日
大規模スポーツ大会の感染防止の切り札に重症化を防ぐMA-Tの有効な活用法を発表
~日本MA-T工業会設立記念式典が開かれる~
2020年
12月16日
薬事日報に「日本MA-T工業会が設立アース製薬など38社」が掲載
2020年
12月9日
環境新聞に「日本MA-T工業会発足一日本発の除菌技術応用へ」が掲載
2020年
12月2日
国際商業ONLINEに「日本MA-T工業会、設立記者会見を開催」が掲載
2020年
12月1日
日本発の革新的触媒技術「MA-T」の応用技術開発促進に向け「一般社団法人 日本MA-T工業会」を設立。詳細はこちら(PDF)をクリックしてご覧ください。
2020年
12月1日
アース製薬が「日本発の革新的技術『MA-Tシステム』による新CSV戦略」を発表
2020年
12月1日
日本経済新聞に「アース製薬など工業会設立大阪大発の除菌剤で」が掲載

Matching Transformation System®︎

MA-TはMatching Transformation System®の略で、革新的な酸化制御技術です。
亜塩素酸イオンから必要な時に、必要な量の活性種(水性ラジカル)を生成させることで、新型コロナウイルスをはじめとするウイルスの不活化、種々の菌(細菌)の殺菌を可能にします。 さらに活性度を巧みに制御することで、高難度の化学反応を開拓すると共に、高分子の高機能化やデバイスへの応用、農薬・医薬品への応用など幅広い応用化の基礎となる基盤科学を推進しています。SDGSにも大きな貢献が期待される技術です。

Infection control field

感染制御分野

  • 対物・空間・皮膚・口腔の除菌・消臭
  • 病院、介護施設、保育園、スポーツ施設等の大型施設の感染制御
Medical field

医療・ライフサイエンス分野

  • 難治性疾患治療薬、抗癌剤
  • クライオ電顕高解像度分析の実現
Foodstuff field

食品衛生分野

  • 食品工場衛生管理
Agriculture field

農業・林業分野

  • 農作物成長促進・樹木成長促進
  • 芽胞菌の殺菌・種子消毒
  • 水耕栽培
Oxidized surface modification field

表面酸化分野

  • 繊維、セパレーター等の親水性付与
  • 高分子表面酸化によるスポット染色、パターニング、メッキ、接着への応用
Energy field

エネルギー分野

  • 二酸化炭素排出ゼロでバイオガスを有用なエネルギーのメタノールとギ酸に変換
  • カーボンニュートラル(脱炭素社会)の実現

参加企業

株式会社アデランス

株式会社EPARK

大塚化学株式会社

一般社団法人協働プラットフォーム

共立製薬株式会社

Jカンパニー株式会社

株式会社資生堂

豊田通商株式会社

マクセル株式会社

アイウエオ順